真ん中っ子は変わり者で愛着障害?独特さをスピリチュアル観点から考察!

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

 

 

家族構成が変化する中で、三人きょうだいの家庭は珍しくなってきました。

昭和生まれの私は三人姉妹の真ん中っこで、自分のことをちょっと変わり者と自覚しています。

そのため、三人きょうだいの真ん中っ子の性格について何かしら語れるかもしれません。

この記事では、真ん中っ子が変わり者だと思われる理由や、真ん中っ子の恋愛のこと、真ん中っ子の独特な特徴、うつなのかと思ってしまうこと、そしてスピリチュアル観点から真ん中っ子を分析してみます。

自分が真ん中っ子なのでやや悲観的な部分もありますが、これも真ん中っ子ゆえの特徴なのでお許しくださいませ。

真ん中っこは変わり者かも、と思う自分自身のこと

個人的な見解として、真ん中っ子全員が独特な性格を持つとは限らないと思います。

でも真ん中っこが変わり者と言われるのは、自分自身が真ん中っこでちょっとひねくれてて変わり者だと幼い頃から感じていたのでよくわかります。

私の場合は表面は社交的で人に優しいと感じられるようですが、そう思われるように努力しています。

だからとても疲れます。

真ん中っこが変わり者でうつになりやすいのもそのせいかもしれません。

独特な性格が現れるかどうかは、遺伝や家族の影響も関係しているでしょう。

真ん中っこであること以上に、家族の中のどの位置にいても、独特な性格を持つ人は存在するでしょう。

真ん中っ子が最も成功する確率が高いかどうかについては、社交的な性格からそうなる可能性があるかもしれません。

社交的になる理由は、兄弟の間に挟まれ、親の目から離れやすいためです。

でも疎外感とさみしさを感じていました。

注意を受けることが少ないため、自分で遊び、自己主導で行動するようになりました。

これにより、他人に依存することなく、自分の判断で行動する能力が育ったようです。

人任せにしないで自分で決断することは、失敗を避け、知識を身につけ、成功につながることがあります。

でも人に甘えるのが下手で、真ん中っこで変わり者の私は人付き合いが本当は大の苦手です。

真ん中っ子は顔が違う?

他の兄弟・姉妹と比べて、「真ん中っ子だけ顔が違う」と感じることが多いと聞いたことがあります。

我が家の場合も例外ではなく、真ん中っ子の私だけ顔の輪郭や髪の質、体型まで違っています。

我が家がたまたまかと思っていましたが、「真ん中っ子 顔が違う」と検索する人も多いほど、多くの人が感じていることなのだと知って驚きました。

「真ん中っ子 顔が違う」という表現は、一般的に家族の中で真ん中っ子が持つ独特の特徴や個性に関係しているのかな、とも思いましたが、視的に違うということはそういうわけではないようです。

遺伝的な生命の神秘の部分ですね。

真ん中っ子は愛着障害?:兄弟の間で成長する独自の挑戦

「真ん中っ子症候群」という言葉について調査してみました。

この概念は、出生順によって形成されるとされ、真ん中っ子供たちがしばしば寂しさを感じ、注意を受けない状況で育つことを指します。

そんなことから真ん中っ子は愛着障害、なんて言われることも。

親としては、真ん中っ子を好ましくないと思っているわけではありません。

しかし、出生順の影響で、どうしても同じように注意を払うことが難しくなるのです。

長子、中間っ子、末っ子への関心の違い

長子は、家族の最初の子として大歓迎され、甘やかされ、親や祖父母からたくさんの愛情を受けます。

一方で、次に生まれた子は、周りもそれほど大きな反応を示さず、親も育児に慣れ、手抜きをするようになります。

この子は多くの場合、長子のお下がりを使い、親の注意も分け合わなければなりません。

次に生まれる末っ子が中心になると、母親の関心は自然と末っ子に移ります。

いつまでも母の膝に入っていく末の妹の姿を今も覚えています。

この時点で長子は自立し始め、真ん中っ子は親の注意が末っ子に向かう中で自分を見失うことがあります。

真ん中っ子が愛情を十分に受けられなかった場合、どのような心理状態になると思いますか?

私は、勉強も頑張り、クラス委員などもやる、いわゆる「いい子」になって積極的に注意を引こうとしていました。

兄弟間での競争や、孤独感、自立心の強さが際立ってきます。

こうした幼少期の経験は、大人になった今でも引きずっています。

私の場合、姑から「甘えるのが下手ね。」と言われ、真ん中っこの変わり者具合が見透かされてしまいました。

真ん中っ子はうつ気味?

真ん中っ子が抱える特有の心理的な問題について、ここでは少し深掘りしてみたいと思います。

特に、「真ん中っ子 うつ」という現象に焦点を当ててみましょう。

先述しましたが、真ん中っ子は、家族構成の中で独特な立ち位置にいるため、しばしば特有のストレスやプレッシャーを感じることがあります。

長子や末っ子に比べて親の注意をあまり受けず、自分が見過ごされていると感じることがあります。

このような感覚は、自己評価の低下や孤独感を引き起こし、場合によってはうつ病のような心理的な問題につながることもあります。

「真ん中っ子あるある」として、彼らは自立心が強いと言われますが、それは同時に、自分の感情や問題を内に秘めがちであることを意味することもあります。

彼らは、家族内での自分の役割や立ち位置について深く考え、時にはそれが重荷となることもあります。

しかし、真ん中っ子がうつ病になるというわけではありません。

むしろ、真ん中っ子は多くの場合、兄弟間の調整役としての経験から、人間関係の構築や調和を保つ能力を持っています。

これは、社会生活や職場での関係構築において大きな強みとなります。

重要なのは、真ん中っ子が自分の感情や問題に対してオープンであること、そして必要なサポートを求めることができる環境を持つことです。

家族や友人、場合によっては専門家のサポートを受けることで、自分の感情やストレスを健康的に処理し、充実した生活を送ることができると言われます。

真ん中っ子は、そのユニークな立ち位置から多くの強みを持っています。

感情やストレスに対する理解を深めることで、真ん中っ子がその強みを最大限に活かすことができるようになります。

 真ん中っ子の恋愛パターン:最適なパートナーとは?

私と同様、あなたが三人兄弟の真ん中っ子である場合、または好きな人がそうである場合、恋愛における相性は特に気になるところです。

特に真ん中っ子には独特の恋愛スタイルがあると言われています。

一般論を紹介しますね。

三人兄弟の真ん中っ子の恋愛①身近な人に惹かれやすい

真ん中っ子は、自分と似たような経験を共有する人に惹かれる傾向があります。

真ん中っこは変わり者と言われながらもコミュニケーション能力が高く、友人や同僚としての関係から恋愛関係に発展しやすいです。

三人兄弟の真ん中っ子の恋愛②自分の時間を重視

放任、よく言えば自由に育った真ん中っ子は、恋人がいても自分の時間を大切にします。

仕事や趣味に集中し、束縛を嫌う傾向があります。

孤独になれているのかもしれません。

三人兄弟の真ん中っ子の恋愛③恋愛の駆け引きに長ける

真ん中っ子は、親の注意を引く方法を学ぶ中で、恋愛においても駆け引きを上手に行います。

相手の関心を引くために、計算された行動を取ることがあります。

空気を読むのに長けているな、と自分でも思います。

その分、他人に気を使い過ぎてどっと疲れることが良くあります。

三人兄弟の真ん中っ子の恋愛④相性の良い相手とは?

真ん中っ子の恋愛では、相手の生まれ順によって相性が変わります。

長男・長女とのカップルは相性が良く、彼らのリーダーシップと真ん中っ子の自由さがうまく調和します。

最も相性が良いのは、相手も真ん中っ子である場合です。

共通の経験があるため、お互いの気持ちを理解しやすく、居心地の良い関係が築けます。

この関係は、友達にも当てはまります。

学生時代からの親友も真ん中っこです。

彼女もちょっと変わり者ですが、共感する部分が多く、幼いころの話で「そうそう」と分かり合えます。

末っ子との関係では、真ん中っ子がより大人であれば、関係は上手くいきます。

末っ子の甘え上手な性質が、真ん中っ子にとって魅力的に映ることがあります。

一人っ子との関係では、独立心が強い点で相性が良いですが、感情が合わなくなるとすぐに関係が冷めてしまう可能性があります。

真ん中っ子の独特な特徴とあるあるエピソード

​​真ん中っ子は、しばしば親や周囲の注意が少ない環境で育つことが多いです。

この環境で育った真ん中っ子には、いくつか共通の独特な特徴があります。

以下に、真ん中っ子の代表的なちょっと変わり者ともいえる独特な「あるある」を紹介します。

三人兄弟の真ん中っ子独特なあるある①状況把握能力が高い

真ん中っ子は、上の子と下の子とのバランスを取るために、状況を読む能力を自然と身につけています。

彼らは親や周囲の気持ちを察し、適切に行動することが得意です。

しかし、時には自分の感情を抑え過ぎることもあります。

三人兄弟の真ん中っ子独特なあるある②競争意識が強い

注目を集めるための方法を学ぶ中で、真ん中っ子は競争心を強く持ちがちです。

私も、テストなどで一番を目指して努力する真ん中っ子でした。

今思うと愛情不足というか、親から注目されたくて頑張っていたように思います。

三人兄弟の真ん中っ子独特なあるある③要領の良さ

長子の経験を見て学んだり、自分で試行錯誤することで、真ん中っ子は要領良く行動する方法を身につけています。

これは家庭生活や学校生活においても役立つ特性ですが、真ん中っ子独特のちょっとひねくれた面でもあります。

三人兄弟の真ん中っ子独特なあるある④面倒見の良さと自立心

末っ子との関わりが多い真ん中っ子は、面倒見が良く、同時に自立心も強い傾向にあります。

親が末っ子の世話に忙しい中で、自分の道を切り開く力を身につけます。

私も三人姉妹の真ん中っ子で、まさにこれらの独特な特徴に当てはまります。

真ん中っ子で変わり者は自分だけじゃないんだ、と仲間がいるようでちょっと嬉しく感じています。

「真ん中っ子あるある」と言われる特徴については、別記事に詳しくまとめました。

なぜ自立心が旺盛なのかもわかります、よかったらご覧くださいね。

>>>「真ん中っ子あるある!独特な立ち位置が作りだす自立心や特徴紹介!

真ん中っ子のスピリチュアルな特徴と深層心理の探求

​​真ん中っ子がスピリチュアルな観点からどのような存在なのかを考えると、内面や隠れた本質に注目することが重要です。

スピリチュアルとは、霊的な要素や目に見えない側面を指すもので、これを基に真ん中っ子の心理を客観的に探ってみます。

真ん中っ子のスピリチュアル的特徴①内に秘めた甘えたい願望

真ん中っ子は、家族内での役割として、上の子と下の子の間に挟まれることで、自分の意見を言いづらく、しばしば自分の感情を抑えがちです。

親からは自立した子と見られ、放置されることが多いため、内心では甘えたいという欲求を持ちながらも、それを表に出せない状況にあります。

大人になると、この抑えられた感情が、他人からの好意を強く求める心理となって現れることがあります。

でも甘え慣れていないので優しくされると戸惑います。

真ん中っ子のスピリチュアル的特徴②精神的自立

子供の頃から一人で遊ぶことに慣れ、精神的な自立を達成しています。

これは、独立した精神を持ち、自分の好きなことを自由に楽しむことができる強みとなります。

逆に末っ子は親に甘やかされやすく、上の子は慎重でおとなしい傾向があります。

この観点から、真ん中っ子は多面的で強い性格を持っていると言えます。

選べるならどれがいいのでしょうね。

真ん中っこは変わり者か?独特でスピリチュアルな特徴のまとめ

​​三人兄弟の真ん中っ子が「変わり者」と見られることについて検証してみました。

「変わり者」という言葉にはネガティブな印象があるかもしれませんが、実際には真ん中っ子の独立心がそう見られる原因かもしれません。

自分の意見を持ち、自分で決断する能力は、生きていく上で重要な特質ですし、他人に依存せず、自分の道を歩むことは、非常に魅力的な特性だと思われるでしょう。

ですが、真ん中っ子はそうなりたくてなったわけではありません。

もし、真ん中っ子が親に見放されたり忘れられた存在だと感じているなら、それは誤解でしょう。

でも長子と末っ子の間で親の関心が薄かったことは否めません。

真ん中っ子は、家庭内で空気を読んで自分から甘えないことが多いですが、親は三人の子供を同じように愛してくれていると信じたいです。

ただ、親も人間であり、常に完璧なわけではありません。

壁を作らずに、心を開いて甘えることができたらいいのですが、そう簡単にはいかないですね。

その点についてはこちらの記事をご覧ください。

>>>「真ん中っ子は親が嫌い?実際は愛されない孤独さがそう感じさせる?

だから真ん中っ子は変わり者と言われるようになっていくのでしょうね。

自分の体験からやや悲観的になってしまいました。

長子、末っ子にもそれぞれの特徴があり、悩みもがあるでしょう。

「みんな違ってみんないい」のですよね。

error: Content is protected !!