新年を彩る:玄関に正月飾りをどう飾る?タイミングと方法のアドバイス!

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

 

 

年の瀬が近づくと、玄関にお正月飾りをどのように取り付けるべきか、多くの方が悩むことでしょう。

適切な飾り時や配置の場所、風水を考慮しながらどうすべきかなどの疑問があります。

この記事では、お正月飾りを上手に飾るための基本ルールやコツをご紹介します。

伝統を重んじつつも、お洒落で居心地の良い玄関作りのアイデアを提供します。新年の準備を楽しみながら、ぜひ参考にしてください。

お正月飾りの飾り付けルール!いつから始める?

日本の伝統では、新年を迎えるためにお正月飾りを飾ることが一つの大切な儀式です。

この美しい風習には、守るべきルールや慣習があります。

特に、お正月飾りをいつから飾るかについては、多くの人が関心を持っています。

一般的には、お正月飾りは12月13日以降に飾り始めます。

12月13日は「お正月事始め」や「松迎え」と呼ばれ、新年を迎える準備を始める日として古くから伝えられています。

この日は、伝統的に門松に使う松やおせち料理に必要な薪を山から取りに行く日とされてきました。

この歴史を背景に、12月13日は新年を迎えるための準備を象徴する日となっています。

しかし、現代では多くの家庭が大掃除を終えてからお正月飾りを飾ることが多いです。

我が家でもついつい31日になってしまうことも…。

それでも12月28日までに飾る家庭が一般的です。

一方で、クリスマス飾りを片付けた後にお正月飾りを飾る家庭もあり、その場合は12月25日から27日の間に飾ることが多いです。

イベントをつなぐ感じですね。

近年では、12月13日から飾り始める習慣は減っていますが、伝統を大切にし、新年を心から迎える準備をすることには大きな意義があります。

お正月飾りを飾ることは、新年の幸運と繁栄を願う日本の素晴らしい文化といえます。

飾る時期にはいくつかの選択肢がありますが、重要なのはその飾りの意味を理解し、心を込めて新年を迎えることです。

せっかくなら正しい日を選び、気持ちよく新年を迎えたいですね。

家族や友人と一緒に飾り付けを楽しむことで、新年の喜びをより深く感じることができます。

お正月飾りを取り付ける時の注意点:避けるべき日とは

新年を彩るお正月飾りですが、実は特定の日に飾ることを避けるべきという知られざる習慣があります。

ギリギリに飾る我が家はNGでした!

避けるべき日は?

  • 12月29日 :この日にお正月飾りを飾るのは避けられています。理由は、「29」が「二重苦」と聞こえるため、不吉な意味を持つとされるからです。日本の文化では、言葉遊びに基づく縁起を大切にするため、一般的に29日の飾り付けは避けられます。そういえば幼いころ、「餅つき」も「九(苦)持ち」だからその日は餅つきを行っていなかったことを思い出します。
  • 12月31日 :大晦日の飾り付けもまた、避けるべきとされています。これは「一夜飾り」と呼ばれ、歳神様を迎えるための準備として一日だけでは不十分であり、失礼とされるためです。

適切な飾り付け日

一般的に、12月28日までにお正月飾りを完了させるのが望ましいとされています。

特に、12月28日は「八」が「末広がり」を意味し、縁起が良い日とされているため、この日に飾り付けを行うことが推奨されます。

お正月飾りの意味と重要なルール

お正月飾りは、新年を迎える準備としての役割に加え、家族の幸福や健康、そして豊作を願う意味も込められています。

日本の伝統的な家庭では、門松やしめ縄、鏡餅などを飾って新年を祝います。これらの飾りは、歳神様をお迎えし、良い年になることを願うためのものです。

お正月飾りは、日本の文化と伝統を象徴する重要な要素であり、特定の日を避けて飾り付けを行うという守るべきルールが存在します。

それは12月29日と31日は避け、28日までに飾り付けを完了させることです。

これでようやく新年を迎える準備が整い、新年の幸運と繁栄をもたらすことができるのですね。

玄関ドアにお正月飾りを取り付ける:最適な位置とは?

お正月飾りをどこに飾るかは、玄関や門前の外側が最も適しています。

これは、新年を祝う神様、特に歳神様を歓迎するためのサインとして機能します。

歳神様は家庭に幸運と繁栄をもたらすとされており、家を訪れる際に簡単に見つけられるように、目立つ場所に飾ることが勧められています。

以下に、お正月飾りを飾る際の重要なポイントをまとめています。

お正月飾りの本質

  • 歳神様の歓迎:お正月飾りは、新年を迎える神様である歳神様を歓迎するための目印です。
  • 幸運と繁栄のシンボル:歳神様は家族に幸福と繁栄をもたらすとされています。
  • 守護と防護:家を悪霊や災いから守り、家庭を守る役割があると信じられています。

飾りの配置方法

  • 玄関や門前の外側:神様が容易に見つけられるよう、目立つ位置に飾ります。
  • 目線よりやや上:飾りが美しく見える位置であり、神様が見つけやすい場所です。
  • ドアの上部や横:これらの位置は、飾りを際立たせるのに適しています。

飾る際のヒント

  • 伝統的なデザインを選ぶ:日本の伝統に沿ったデザインが好ましいです。
  • 環境に合わせて調整:玄関の大きさや形状に合わせて、飾りのサイズや形を選びます。
  • 清潔に保つ:神聖なものとされるお正月飾りは、清潔な状態を保つことが重要です。

新年を迎えるにあたり、お正月飾りを適切な場所に飾ることは、伝統を維持し、家族の幸福と繁栄を祈る重要な儀式です。

希望に満ちた新年の幕開けを祝いましょう。

風水における玄関ドアのお正月飾りの位置は?

新年を迎えるにあたり、玄関を華やかに彩るお正月飾りは特別な意味を持ちますが、風水を意識している方にとっては、飾り方に注意が必要です。

特に、玄関ドアの正面に飾ることは、風水上では避けた方がよいとされています。

では、どう飾るのが良いのでしょうか。

玄関と風水の相関

  • 風水では、玄関は家の「気」の入り口とされ、配置やデザインが家の運気に影響を与えます。
  • ドアの正面に直接物を飾ることは、「気」の流れを妨げるとされています。
  • そのため、お正月飾りなどの装飾品は、玄関ドアの脇や壁に控えめにさりげなく飾ることが望ましいです。

飾りと風水

  • 風水では、生きている植物や自然素材を使った飾りが良いエネルギーをもたらします。
  • 対照的に、ドライフラワーや造花などの人工的なものは、風水上では推奨されません。
  • お正月飾りを選ぶ際は、自然素材を用いたものが良いとされています。

文化と風水の違い

  • 風水は元々中国の文化で、日本のお正月飾りとは異なる背景があります。
  • 欧米のクリスマスリースなども風水の観点からは異なる文化の表れです。
  • 文化的背景を尊重しつつ、風水を取り入れる際はその文化的背景も考慮することが大切です。

風水を意識することは、運気を良くする方法の一つですが、文化や習慣を大切にし、自分に合った飾り方を見つけることが重要です。

新年の準備をしながら、風水の知識を活かして、幸運を引き寄せる玄関作りを楽しんでみましょう。

玄関の内側にお正月飾りを飾るのは適切か?

玄関ドアの内側にお正月飾りを飾ることは一般的ではないかもしれませんが、その適切性について考えてみましょう。

お正月飾りの二つの重要な意義は以下の通りです。

一つは新年を迎えるにあたり、「歳神様」と呼ばれる幸運と繁栄をもたらす神様を歓迎するためのもの。

通常、門松やしめ縄などを玄関や門に飾り、歳神様を迎え、新たな年の幸福を願います。

もう一つは、家そのものの浄化です。

新年を清らかな状態で迎えるために、家の内側を飾り付けて家族の健康や幸せを願います。

では、内側に飾ることについてはどうでしょうか。

実際には、お正月飾りの配置に関して厳格なルールはなく、大切なのは歳神様への敬意と感謝の心です。

したがって、内側に飾ることも、その意味を理解し心を込めて行えば問題はありません。

ただし、お正月が過ぎた後の処分には注意が必要です。

自宅での処分や地域のルールに従うのはもちろん、マンションやアパートに住む場合は、地域の規則に留意する必要があります。

お正月飾りは一年の始まりを祝う重要な要素です。

その取り扱いには敬意を持って行いましょう。

このようにして、日本の伝統を守りつつ、新年を迎える際にはこれらのことを心に留め、美しい飾り付けを楽しみましょう。

新春の玄関を飾る!市販の便利なフックを使った簡単でお洒落な装飾

新しい年の始まりを祝うために、日本の伝統として玄関に季節の装飾を施すことは、美しい風習とされています。しかし、装飾を取り付ける際に壁に穴を開けたり、固定するのに手間がかかることもあります。

そこで、市販されているフックを使うと、簡単かつ美しく飾ることができます。今回は、玄関の素材に合った様々なフックを紹介します。

  • マグネットフック 磁石がくっつく扉にはマグネットフックが最適です。強力な磁力のフックは、悪天候でも飾りをしっかりと支えます。例えば、シンプルで目立たないデザインのマグネットフックは、玄関に馴染み、2kgまでの耐荷重があります。取り付けも簡単で、扉を傷つけにくい点が魅力です。保護テープを使用することもできます。
  • 粘着フック 跡が残らない粘着フックは、8kgまで耐えられる強力なものを選びましょう。防水機能もあるため、雨天時でも使用できます。10個セットで販売されており、様々な用途に適しています。
  • 吸盤フック 滑らかな表面には吸盤フックが適しています。傷つける心配がなく、取り付けや取り外しが容易です。ロック機能付きで空気が入りにくいタイプは、5kgの耐荷重があります。取り付け前に吸着面を清掃することが重要です。
  • リースフック&ドアハンガー ドアの上部に掛けるリースフックやドアハンガーは、室内外で便利に使えます。取り付けや取り外しが簡単で、ドアを傷つけにくいです。ドアの厚みや閉まり具合を確認してから選ぶと良いでしょう。

これらのフックを使って、新年の準備を楽しんでください。玄関を美しく飾ることで、訪れる人々にも喜びをもたらすことができます。

お正月飾りの取り外しと処分方法について

お正月飾りは、その時期や地域によって片付けるタイミングが異なります。

お正月飾り玄関ドアからいつ外す?

一部の地域では七草粥の日である1月7日を目安に、しめ飾りや門松を外すことが一般的です。

他の地域では、小お正月の1月15日や二十日お正月の1月20日まで飾る習慣があります。

また、鏡餅は、一般的には1月11日の鏡開きまで飾られることが多いですが、地域によっては1月15日や1月20日まで飾ることもあります。

お正月飾りの処分の仕方

お正月飾りの処分方法については、これらの飾りは神聖なものとして扱われるため、特別な配慮が必要です。

まずは塩やお酒で清め、感謝の気持ちを込めて処分します。

方法が分からない場合は、地元の神社で行われるどんど焼きに参加するか、納札所に持って行くのが一般的です。

これは日本の伝統的な方法で、新しい年への感謝の気持ちを表すものです。

お正月飾りの取り付け方法とポイントまとめ

新年を迎えるために玄関ドアにおお正月飾りを飾る際は、いくつかのポイントに注意しましょう。

一般的には、12月13日から飾り始め、12月28日までに設置するのが望ましいです。

12月29日と31日は避けるべきです。

玄関の外側、特に目線より少し高い位置に設置することが理想的です。

風水を重視する場合は、玄関ドアの正面ではなく、側面や壁に控えめに飾り付けると良いでしょう。

市販のフックを使用すると、壁に穴を開けずに飾りを設置できます。

お正月飾りは、新年の幸運と家族の幸福を願う重要な伝統です。

これらのポイントを参考にしながら、美しい習慣を楽しんで、素敵な新年を迎えましょう。

記事の要点は次のとおりです。

  • お正月飾りは12月13日以降に飾り始める
  • 12月28日までに設置することが望ましい
  • 12月29日と31日は避ける
  • 玄関の外側、目線より少し高めの位置に飾る
  • 風水を考慮する場合は、玄関ドアの正面ではなく脇や壁に飾る
  • マグネットタイプや粘着タイプのフックを使用して簡単に設置
  • 自然素材を使用した飾りが風水的に望ましい
  • 玄関ドアの内側にも飾ることが可能
  • 処分は塩やお酒で清めた後に行う
  • 地域の神社で行われるどんど焼きや納札所に持って行くのも良い方法
  • お正月飾りは新年の幸運と家族の幸福を願う伝統である

日本の美しい伝統を守り続けたいですね。

error: Content is protected !!