選択のジレンマを解決!迷った時の10の賢い決断術

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

 

 

人生において、さまざまな決断が必要とされる瞬間があります。

仕事の選択、買い物の際の決断など、多岐にわたります。

そうした時、どのように決断を下すかは人それぞれですが、大まかには、

  • 一つの方法で決断するか
  • 状況に応じて重要視するポイントを変えるか

の2つに分けられます。

今回は、後者に焦点を当て、状況に応じた様々な決断方法を紹介します。

楽しさを判断基準にする

人生の選択において「楽しいかどうか」を重要な基準とする考え方です。

かつては「正しいか、間違っているか」を基準にしていたが、人生を楽しむことを目指すようになり、「楽しいかどうか」が決断の主要な基準に変わりました。

楽しみを追求することで、人生はより豊かになるという考え方です。

自己嫌悪を最小限に抑える選択

決断をする際に、自分を嫌いにならない選択をすることを重視します。

たとえそれが最善と思える道であっても、その選択が自己嫌悪を引き起こすならば、その選択肢は避けるべきだという考え方です。

自分自身を大切にすることが、良い決断につながります。

迷ったらやめるか、試してみるか

迷いが生じた際に「やめる」か「試してみる」かのどちらかを選ぶ方法もあります。

失敗した場合の後悔が大きいと感じるならばやめるべきですが、失敗から学び成長できると感じるならば、試してみる価値があるという考え方です。

選択肢ごとに利点と欠点を書き出し、比較検討します。

これにより、各選択肢の影響をより明確に理解できます。

行動しない後悔と行動した後悔

「やらずに後悔するより、やって後悔する方がマシ」という言葉に基づき、行動することの重要性を強調します。

多くの人が、行動しなかったことを後悔する傾向にあるため、挑戦することの価値を認識することが重要です。

避けるのか、目指すのか

この方法では、避けることよりも目指すことに焦点を当てます。

目標に向かって進むことが、成功につながるという考え方です。

例えば、転職を考える際に、不満を避けるためではなく、新しい目標や夢を追求するために転職することが望ましいとされます。

その後のことを考える

決断した直後の満足感だけでなく、長期的な視点でその後の影響を考慮することが重要です。

短期的な利益よりも、長期的な幸福や満足を重視する考え方です。

目標に合った選択をすると、後で満足感が得られます。

想像力を働かせて。

最悪の場合を考える

失敗した場合の代替案を事前に考えておくことで、不安を軽減し、より大胆な決断を下しやすくなります。

この方法は、不確実性を受け入れつつ、柔軟に対応する準備をすることを意味します。

一番悪い状況を想像して、それでも大丈夫か考えてみましょう。

これで、心配や不安を減らせます。

誰のことを考え優先するのか

決断する際には、自分だけでなく他者を考慮することが重要です。

他人の幸福や利益を考慮することで、よりバランスの取れた、公正な決断を下すことができます。

最後は自分を一番大切に

どうしても決断できない時は、最終的には自分自身を最優先に考えることが大切です。

何が一番重要かを考えて、それを基準に決めましょう。

大切なことを優先するのが大事です。

自分自身が幸せでなければ、他人を幸せにすることは難しいため、自己の幸福を最優先に考えることが重要です。

直感を信じる

頭で考えすぎず、感じたことを大切にしましょう。
最初に感じたことが正しい答えかもしれません。

その時友達や家族、先生など、信頼できる人に相談してみましょう。他の人の考えが新しいヒントになることがあります。、決める時の自分の気持ちをよく考えて、それがどう影響しているかを見つめましょう。

冷静になることが大切ですね。

まとめ

決断する方法は大切ですが、決断する「時」や「タイミング」も重要です。

また、友達や家族、先生など、信頼できる人に相談してみるのも一案です。

他の人の考えが新しいヒントになることがあります。

心身の調子が悪い時は、大きな決断を避け、本来の自分に戻ってから考えることが望ましいです。

悩んでいることから少し離れて、リラックスする時間を持ちましょう。

頭を休めると、新しいアイデアが浮かぶかもしれません。

error: Content is protected !!